Color

スペクタクル!バレエ・リュス

国立新美術館で開催されている、「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」を見に行きました。

 

”1909年にパリで鮮烈なデビューを果たしたバレエ・リュス(ロシア・バレエ)は、革新的なステージにより一世を風靡した伝説のバレエ団です。主宰者セルゲイ・ディアギレフ(1872-1929)の慧眼により、同バレエ団はワツラフ・ニジンスキー(1889-1950)をはじめとするバレエ・ダンサーや振付家に加え、20世紀を代表する作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)ら、数々の新しい才能を輩出しました。ロシアのエキゾティシズムとして人気を集めたバレエ・リュスは、やがてピカソやマティス、コクトー、ブラック、ローランサン、シャネルら、当時パリで活躍していた前衛の若手アーティストを取り込み、新しいスタイルの「総合芸術」として、バレエだけでなく美術やファッション、音楽の世界にも革新と興奮をもたらし、大きな影響を与えました。(国立新美術館・開催概要より)”

 

初期の衣装デザイナーレオン・バクストのエキゾティズム溢れる衣裳のサイケなきらびやかさ、そして当時のパリの前衛アーティスト達の手掛けた衣裳や舞台装置。
今回の展示は衣裳を中心としていますが、本当にバレエが舞踏技術から音楽、衣裳、舞台装置、台本と時代の才能を集結させた総合芸術だということを実感させられました。
会場では絵画展の時とは違って仕切りを取り払い、広い空間に約140点もの実物の衣裳が展示され、その衣裳を作り上げた職人の技、デザインを表現する為に使用されたありとあらゆる素材や縫製も実際に近づいて見ることができます。
バレエ・リュスに携わった才能の中には私の好きなアーティストや音楽家が勢ぞろいです。
ラヴェルやドビュッシー、ストラヴィンスキーによるバレエの為の曲は知っていましたが、マティスやデ・キリコまでが衣裳を担当したとは実は知りませんでした。
デ・キリコの衣装デザインは・・・ちょっと笑ってしまいましたが。あれでどう踊ったんだろう?

 

ところで、パーソナルカラリスト検定の1級を受験しようと思っている方がもしこれを読んでいらっしゃったら、この展示はぜひ見ておいた方が良いと思いますよ。
テキストに出てくる「20世紀初頭に注目を浴びたロシア・バレエ」とはこれの事です。
テキストにはこのロシア・バレエが流行の元になるということは書いてありますが、ビジュアル資料が一切出ていないので、記憶に残らない方が多い箇所なのです。

開催は9月1日までですので、ぜひ。

関連記事

  1. セルフジェルネイルしてみた
  2. お花とマカロンの饗宴
  3. ファッション史の愉しみ 世田谷美術館
  4. 赤ちゃんイチョウの葉っぱ
  5. 凍てつく葉っぱ
  6. 2k540 AKI-OKA ARTISAN
  7. 花吹雪
  8. お着物の会に参加しました
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。